ファクタリングのおすすめの取引スタイルとは

subpage01

ファクタリング取引は、BtoBにおいて発生する売掛金債権を売却して現金を得るというものです。

金融機関による貸し渋りが社会問題化することなどを背景に、新たな現金調達手段として日本国内に登場しすでに30年以上の歴史をもちます。
ところでファクタリングには大別すると2社間取引と3社間取引があり、どちらを選択するべきか業種によりおすすめのスタイルは異なります。

3者間取引は取引先に、通知することを全体にしておりファクタリングの原則的形態といえます。

おすすめのファクタリングについて悩んでいませんか。

ただしこの取引を選択すると、取引相手方に一般的な金融機関からの融資を得ることが出来ない実態が知られるところになります。

したがってこのスタイルのおすすめの業種は、医療機関や介護施設など対象債権が公的機関が名宛人になっている場合といえます。


2社間取引の特徴は、取引の相手方に事実を通告することなく取引が完結します。

現金を手にした、利用会社は売り掛け先から入金があると、ファクタリング会社の口座に入金する流れになるわけです。



2社間取引はこのように、相手方の関与なく手続きが進捗するので信用上の懸案事項はあまりありません。しかしファクタリング会社は利用会社を介して、売掛金を回収するのでリスクは高いといえます。したがって2社間取引では3社間に比べると手数料が高めに設定されている傾向があります。



このような特性を踏まえると、おすすめなのは民間事業者同士のBtoB取引ということになるでしょう。