ファクタリング利用がおすすめな業種とは

subpage01

ファクタリングは、企業等が保有する売掛債権を譲渡することによって対価を得るという資金調達法です。

通常、事業活動に伴って発生する売掛金は数週間後ないし数か月後に入金されますが、ファクタリングを利用すればその債権を買い取ってもらうことによって、支払期限の到来前であってもただちに現金化することが可能になります。

おすすめのファクタリングについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

実際の入金日までのいわゆる「つなぎ資金」が必要になった場合などに便利に利用できます。売掛債権を持っている事業者であれば、ファクタリングは誰でも利用できるチャンスがあります。ただ、とりわけ利用をおすすめできる業種もいくつかあります。

病院・クリニック・歯科医院などの医療機関は、そうした業態の1つに数えられます。


ファクタリングが医療機関におすすめなのはなぜかというと、それは保険診療にかかる報酬の請求システムが、この制度にマッチしているからです。


医療機関が保険診療を行った場合、通常は患者の自己負担分を当日徴収し、残りの保険者負担分は1か月分を翌月にまとめて請求し、さらにその翌月に支払いを受けるというシステムになっています。



つまりその間、医療機関は保険者に対して売掛債権を保有することになります。


この債権をファクタリングによって現金化すれば、医療機関は入金を待つことなく事業資金を手に入れることができます。
しかも、売掛先である保険者は地方自治体や健康保険組合などの公的団体であるため、回収不能におちいるリスクが極めて低くなります。



そのため利用審査も通りやすく、おすすめであると言えるわけです。