おすすめファクタリング会社と危ない会社の特徴

subpage01

ファクタリングには2社間取引と3者間取引の二つの形態があります。

両者の違いは取引先に利用している事実を通知するか否かです。今後の取引先との継続した取引を前提にすれば、利用会社との間で取引が完結する2社間取引がベターに思えるかもしれません。


しかし業種によっては3者間取引のほうがベターな業種も存在します。典型的なのは医療機関や介護施設などが保有する診療報酬や介護報酬債権を対象とするときです。

おすすめのファクタリング情報ならこちらのサイトです。

通知先は公的機関なので信用度が落ちるなどのリスクは考慮する必要性が高くないからです。
また2社間取引ではファクタリング会社が、取引先倒産による未回収リスクを負担するので手数料が高くなります。
どちらの取引形態がおすすめなのかは、利用会社の業種を踏まえて判断する必要があります。



ファクタリングのおすすめなのは、資金調達が行いやすいという点も指摘することができます。
金融機関からの融資では担保や保証人を立てるなどを要求されることもあり審査も厳格です。
これに対してファクタリングは取引先の信用力が審査の対象になるので通過しやすく入金も迅速。

また信用情報に記録されることもないので信用が低下することがないのも、おすすめの資金調達の手段であることの理由です。


他方で包括的な業法が制定されていないので、悪徳業者の暗躍も指摘されています。



彼らは「現金が欲しい」「信用を落としたくない」などの弱みを熟知しており、法外な手数料を請求することも珍しくありません。
不利な条件で契約を結ぶようなことはくれぐれも控えるのが賢明です。